ペット・騒音の問題について

お問合せはこちら

ペット・音問題について ペット飼育禁止マンションでの注意事項と騒音でのトラブル事例をご紹介しております。

ペットについて

ペット禁止マンションにおいて犬や猫などを飼うことは一切止めてください。
一時預かりも禁止です。
犬アレルギー・猫アレルギー体質の方もおられますので、ルールを遵守してください。
ペット飼育可能マンションにおいては、特別に定められた規約・ルールによりますので、種類、大きさ、飼育可能数含めて遵守してください。

音の問題について


マンションでのトラブルで特に多いのが、「騒音」をめぐるトラブルです。日常生活における音については、マンションは共同住宅ですので、「受忍限度」という考え方があります。「ある程度の音は、お互いに我慢すべきだ」という考え方をお持ちください。 ファミリータイプのマンションでは、「小さなお子さんがいること」は通常のことであり、日常生活上に発生する音は、通常は「我慢の範囲内」であると考えられます。小さなお子様がいるご家庭については周りの住戸へ配慮していただき、また、小さなお子様がいないご家庭の方は、子供のいるご家庭もあることを認識し、ある程度の生活音はご理解ください。

〈対策について〉

(1)階下の居住者の方と親しくなる。知り合いの出す音であれば、我慢の範囲内が大きく広がります。
(2)床に厚手のカーペットを敷き、カーテンを厚手のものにし、音の出るテレビ・ステレオなどは壁から離して置き、音を減少させる。(音の種類による)

注意
マンションの生活騒音問題はとても難しい問題であり、隣の住戸からの音に対して建築基準法で一定の遮音性能を持たせることが決められているだけです。少しの物音でも気になる方とそうでない方と、個人の主観によって左右されるので第三者が、その音がうるさいか、うるさくないかを判断をするのは事実上不可能とされています。しかし、早朝、夜間については、テレビやオーディオ、洗濯機、掃除機、入浴など、他の入居者に迷惑のかからないよう配慮をお願いいたします。

お問い合わせ

WEBからのご相談はこちら
PHONE 06-6744-0187/03-5298-5525

生和アメニティの強み

? スピード対応

24時間365日休まず稼動する当社は自社社員の即時判断による対応を可能としており、同業の企業とは一線を画したサービスを提供いたします。

? 情報力

お客様からいただいたお問い合わせは全て当社のオリジナルシステムに蓄積されており、データとして分析され予防措置や改善活動に活用しています。

? 高い作業品質

生和グループで培ったノウハウと独自の作業仕様は改善を重ね、高い作業品質を生み出しています。このノウハウとスキルを更に多くのお客様に提供してまいります。

? グループ力

管理棟数が増え続けることで当社の交渉力は強まっていきます。数多く安価で仕入れ、安価で顧客に提供するという商売の基本を貫いていきます。

? 業務範囲の広さ

建物管理全般から大規模改修工事等、建物に関わることなら、ワンストップでお応えすることが出来る体制が当社にはあります。私たちはこれからも「お客様にご満足していただける生活環境・サービスのご提供」と地域社会に貢献できる「生活総合企業」を目指し、他社にはないご満足を提供していきます。