入居・退去方法と流れついて

お問合せはこちら

入居・退去について 鍵を受取ってから、引越、退去の流れをご紹介しております。

鍵について

鍵を受けとったその日から、お部屋の管理責任を負うことになります。
すぐに入居されない方は、特に部屋の管理にご注意ください。
(マンションは気密性が高く、閉めきった室内は、結露やカビの発生しやすい環境にあります。)

注意
管理不足によるカビ・虫の発生、日焼けなどの不具合はお客様ご自身の負担となりますのでご注意ください。

預かった鍵は、大切に保管し紛失しないように注意してください。
万一紛失された場合は、速やかに管理者に連絡して、新しい鍵に交換してもらってください(有償)

注意
・鍵を職場などに忘れてきた場合や、鍵を持たずに外出し、家族の方が閉めて部屋に入れない場合、管理者であってもお部屋の鍵を開けることは出来ません。お客様の責任において、解錠の専門業者に依頼してください(有償)。
・預かった鍵を、お客様が任意で購入された鍵に交換することは禁じられています。

引越について

引越し業者の方に、エントランスや廊下の壁・床(エレベーター内外)の共用部分は、必ず養生してもらうよう依頼しておきましょう。(お客様ご自身で引越しされるときも同様です。)
梱包材料など、不要なダンボール類は引越し業者の方にその場で持ち帰ってもらいましょう。
粗大ゴミなどは、市役所・専門業者の方へ電話して各自で処分(有償)してください。

注意
「家電リサイクル法」により、(1)エアコン(2)テレビ(3)冷蔵庫(4)洗濯機の4品目は、家電販売店等での有償収集となっています。
くれぐれもマンションのゴミ置き場へは、捨てないように注意してください。
POINT
「資源有効利用促進法」により、使用済み家庭用パソコン(デスクトップパソコン、ノートブックパソコン、
液晶ディスプレイ、ディスプレイ一体型パソコン、CRTディスプレイ)は、各メーカー等での有償収集となっております。

退去について

退去のSTEP

〈解約通知書を郵送〉

賃貸借契約書裏面に解約通知書が添付されている場合は、必要事項を記入し、郵送してください。
解約通知書が添付されて無い場合は、書面に、「物件名」「住所」「電話番号」「号数」「氏名」「解約日」「引越日」「転居先ご住所」「退去理由」等をご記入の上、当社にご郵送してください。

注意
お電話での解約受付は出来かねますのでご注意ください。

〈引越日を決める〉

引越業者が決定していない場合は、当社提携業者(サカイ引越センター・アリさんマークの引越社)をご紹介させて頂きます。

〈明渡し立会日時を設定〉

引越日が決定後に、弊社へ退去立会日の連絡をしてください。

注意
引越終了時間が、夕方(17時以降)の場合は、引越日当日の退去立会が出来ない場合がございます。

〈「電気」「ガス」「水道」の閉栓精算を連絡〉

引越日が決定後に、弊社へ退去立会日の連絡をしてください。

注意
引越終了時間が、夕方(17時以降)の場合は、引越日当日の退去立会が出来ない場合がございます。
電気 東京電力・関西電力・九州電力・中部電力の各地域の電力会社へ連絡。
ガス 東京ガス・大阪ガスなどの各地域ガス会社へ連絡。
水道 水道局へ連絡。弊社が検針している場合は、立会日当日に当社査定員が検針、精算いたしますので、連絡は不要です。
電話 NTT116番へ電話し、手続きしてください。

〈引落自動送金の停止〉

家賃等を金融機関とお客様との契約で、引落自動送金をしている場合のみ中止手続きをしてください。

注意
引落自動送金を停止しないと退去後も、家賃等を継続して自動送金される恐れがあります。

〈転居届け〉

お近くの郵便局へ転居届けのハガキを、記入し提出してください。

注意
※転居届けのハガキを出しておけば、1年間移転先へ郵便物が転送されます。

〈火災保険解約手続き〉

保険証券に記載されている代理店もしくは保険会社まで、保険証書をご準備の上、直接ご連絡をお願いいたします。

〈明渡し立会日当日〉

荷物を全て搬出し、室内・ベランダを清掃。家具・布団・植木・物干し竿・ブロック・自転車等の不要粗大ごみの処分は、最寄の市役所等に連絡して、お客様の責任で処分してください。

注意
明渡し当日に不要粗大ゴミがある場合は、実費にてご請求いたします。粗大ゴミをマンションゴミ置場に出されますと、お住まいになられている他の入居者様のご迷惑になりますので、くれぐれもお願いいたします。

お問い合わせ

WEBからのご相談はこちら
PHONE 06-6744-0187/03-5298-5525

生和アメニティの強み

? スピード対応

24時間365日休まず稼動する当社は自社社員の即時判断による対応を可能としており、同業の企業とは一線を画したサービスを提供いたします。

? 情報力

お客様からいただいたお問い合わせは全て当社のオリジナルシステムに蓄積されており、データとして分析され予防措置や改善活動に活用しています。

? 高い作業品質

生和グループで培ったノウハウと独自の作業仕様は改善を重ね、高い作業品質を生み出しています。このノウハウとスキルを更に多くのお客様に提供してまいります。

? グループ力

管理棟数が増え続けることで当社の交渉力は強まっていきます。数多く安価で仕入れ、安価で顧客に提供するという商売の基本を貫いていきます。

? 業務範囲の広さ

建物管理全般から大規模改修工事等、建物に関わることなら、ワンストップでお応えすることが出来る体制が当社にはあります。私たちはこれからも「お客様にご満足していただける生活環境・サービスのご提供」と地域社会に貢献できる「生活総合企業」を目指し、他社にはないご満足を提供していきます。